オツカ工業

  • 英語
  • 中国語
  • 日本語
お問い合わせ
オツカ工業株式会社 > 会社案内 > ご挨拶

ご挨拶

  • 私たちの会社の経営方針
  • 1.顧客第一主義 2.品質重視 3.製造工程の研究

私たちの製作販売施工する機械類、プラントは食品素材を製造します。
数種の機能別の機械を組み合わせて、元の材料に水、熱などを加えて、
食品素材を加工します。そのため素材の選択から始まり、洗浄、殺菌、熱加工、粉砕、分離、濾過、晒し、脱水、圧搾、加熱攪拌などを経て、
食品を製造します。
最も得意な分野は和菓子の餡です。伝統的な和菓子の生あんを製造するには上記の工程を行います。
また餡以外の食材もよく似た方法で製造する場合が多く、豆類、穀類をはじめ、芋類、果物、海草類などいろんな食材の製造工程に必要な同じような機能を持つ機械類があります。

これらの食品製造機械の機能をより特化させ、高品質の食材を製造できる専門機として完成させるだけでなく、新しく開発される食品素材の多種多様な変化に追従できる応用機として使用できるフレキシブルな機械であるように常に顧客第一の設計開発を行っています。

2番目は品質重視です。機械の品質とはその機能、能力、安定性、安全性、耐久性です。最近の機械への要求は機器の分解作業の簡易性と衛生対策です。
常に顧客の意見、要望と向かい合い、技術的に高い時点での妥協策を見いだし、高品質の機械作りを目指しています。

3番目は生産される食品素材の品質がよりよい物でなければなりません。そのために必要なのは製造ノウハウの研究です。機械のハードの研究よりむしろこのソフトが重要で難しい問題です。機械の自動化が進みより高度な製造工程が求められますが、目に見えない素材の変化や、味覚というファジーな要素をもつ食材製造はデータ化しにくい部分があり、それらを分析して機械的に制御できる方法を見つける事がこれからの時代には大切だと考えます。

私たちはこの3つの目標を実現すべく、現場主義に徹し、顧客との話し合いを大事にし、新しい未来に向けて、より良い製品を造る努力をし、邁進しています。

代表取締役 大塚 武

  • 資料請求・お問いわ合せ
  • テスト・サンプル申込み